総量規制とは一体? またその例外とは?

消費者金融からの借り入れには原則的に総量規制が適用されます。これは年収の1/3を超える借り入れは出来ないという貸金業法の中にある規定です。

 

この為、年収が300万円の人の場合、その1/3の100万円が消費者金融より借りることができる上限額になります。またこれは合計額で、1社からの金額ではありません。同じカードローンでも、銀行からの借り入れにはこの総量規制は適用されません。銀行には貸金業法自体が適用されない為です。

 

ですが消費者金融からの借り入れでも、この総量規制の対象外となるローンがあります。1つ目はおまとめローンがそれに当たります。

 

おまとめローンは複数の借り入れを一本化することで、金利の面で優遇を受けることが出来るローンです。これは借り手が一方的に有利になる借り入れの為、総量規制が適用されません。

 

また各種の目的別のローンも総量規制の対象外になります。例えば車を買う為のカーローン、出産費用にするローン、また引っ越しの為のローンなどがあります。これらのような借り入れをしたお金の使い道が決まっているローンには総量規制は適用されません。

 

このように既にカードローンで年収の1/3に近い借り入れを行っている人でも組めるローンが存在します。借り入れを行うお金の使い道と同じ目的のローンが用意されていた場合、利用出来るかも知れません。

 

また、おまとめローンとしての利用であれば総量規制の対象外ともなり得るので、多くの借り入れがある方はおまとめローンの利用方法を確認しておくと良いでしょう。