カードローンはどう利用すべきか

カードローン商品とは、多目的ローンの一種です。自動車ローンや住宅ローンなどの目的別ローンとは違うので、借りるお金の使い道は限定されません。基本的に、自由に使っていいのです。ただし事業性資金には使えないなどの例外がありますので、詳細は各カードローンの利用規約などをよく読んで確認しておきましょう。

 

ただ、常識的に考えると、ギャンブルなどの遊び金を得るためにカードローンで借り入れをすることは自主的に止めておくべきです。いくら借りるお金は自由に使えるといっても、ギャンブルを目的とした借金は、後で返済できなくなってしまう危険があります。同様に、投資資金を目的とした借金にも危険はあります。

 

もしも投資やギャンブルで大儲けすれば、確かに借金返済などは簡単にできることでしょう。しかし逆に大損してしまったら、返済の当てなど無くなってしまうのではないでしょうか。そうすると最悪の場合、金融事故を起こしてしまうことになります。

 

ですから多目的ローンであるカードローンと言えども、常識の範囲内で安全に利用すべきなのです。借りたお金は利子を付けて返さなければなりませんので、借りる前に返す時のこともしっかりと考えておくべきです。もちろん、借りる金額も自分の返済能力の範囲内でなければなりません。

 

借りすぎてしまって借り入れ先が増えて返済が厳しく感じる方は、一本化のおまとめローンの利用を考えてみるのも良いでしょう。おまとめローン利用は銀行だけでなく消費者金融でも行え、金利面でも優れるモビットのおまとめローンは人気が高くなっています。